読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

ブックメーカー「ピナクル」でサッカーに賭ける!

f:id:bmakers:20160803185302j:plain

 

アンダーとオーバー

サッカーベッターの多くは、たとえ最良のベッティング判断を下しても、ノースコアや終盤の同点ゴールによって負けベットにひっくり返ってしまう1X2市場より、利益を勝ち取りやすい市場を求めています。そこで今回の記事では、ゴール数のオーバー/アンダー市場でブックメーカーに勝利するための基本的な手順をご紹介。サッカーベッターであれば必見です。

多くのスポーツと比べて得点が入ることの少ないサッカーでは、特に短期決戦や勝ち抜きトーナメントでは予想が立てづらく、リーグ戦での成績がチームの実力を測る第一の指標になります。

ベッティングについて言えば、オーバー/アンダー市場のオッズを評価する際にブックメーカーとベッターの双方が注目するのは、1試合の平均ゴール数です。

のため、
あるPremier Leagueの試合で、ピナクルがオーバー2.5のゴール数に1.925のオッズを付け、他のブックメーカーが同様のベットに1.80のオッズを付けていたのなら、ピナクルを選んだほうが割がいいと言えますが、大前提として、 ベッターがこの市場に自分のお金を賭ける価値があるのかを知るためには、どうすればよいのでしょうか?

以下、ある試合において想定されるゴール数が決まる確率を計算し、オッズに変換するシンプルな方法を、順を追って説明していきます。この方法をマスターすれば、賭けるべきオッズと、避けるべきオッズを見分けられるようになるはずです。

ステップ1 – 1試合の平均ゴール数を知る

フィリピンのUnited Football Leagueでは1試合平均5.75本ものゴールが決まっている一方、スペインのTercera Divisionでは(SoccerVistaによると) 1試合平均1.71ゴールに留まっているという事実が物語るとおり、1試合あたりの平均ゴール数はリーグによって大きく異なります。従って 最初にやるべきことは、ベットを検討している試合の両チームの、1試合あたりの平均ゴール数を知っておくこと。

そうしたデータはネット上で簡単に見つかります。ちなみに ヨーロッパの主要リーグの平均ゴール数は、Premier Leagueが1試合平均2.4ゴール、イタリアのSerie Aが桁外れの3.21ゴール、スペインのLa Ligaが2.85ゴールとなっており、数字に大きな違いが見られることがお分かりいただけるはずです。

ステップ2 – 確率を計算する

ゴールが決まるという事象はランダムに生じるものであることから、統計的にはオーバー/アンダーベッティングのシンプルな予測モデルとしてポアソン分布を用いることができます。実際の運用例を見ていきましょう。

John Haighはその著書『Taking Chances』の中で、あるチームが0、1、2、3、または4ゴール以上決める確率を、そのチームの1試合あたりの平均ゴール数に基づいて算出し、表にまとめています。

f:id:bmakers:20170524234156p:plain

ホームチームの平均予想ゴール数が1.2、アウェイチームが0.8の場合、上の表を使ってゴール数がアンダー2.5になる確率を簡単に求めることができます。

まずはアンダー2.5のベッティングでの勝利を導く、正確なスコア(0-0、1-0、0-1、1-1、2-0、0-2)を確定させる必要があります。次に、想定されるゴール数が決まる確率を各チームにつき、上の表から参照し、掛け合わせることで、それぞれのスコアが発生する確率を算出することができます。

f:id:bmakers:20170524234245p:plain

各想定スコアの発生する確率が分かったら、それらの数値を足すことで、対象の試合がアンダー 2.5ゴールで終了する確率、すなわちアンダー2.5のベッティングでの勝率を求めることが可能。 上の例では、次のようになります。

13.5% + 16.2% + 10.8% + 12.96% + 9.9% +4.2% = 67.56%

ステップ3 – ベットすべきオッズを判断する

 

デシマルオッズ = 100/確率値

上の例では確率値が67.56なので、100/67.56 =  1.48となります。

 

すなわち、ブックメーカーが1.608以上のオッズを付けている場合に限り、アンダー2.5ゴール以下にベッティングすべきだということ。これは利益を保証する公式を手に入れたということでしょうか?単純な答えは「ノー」。ですが、プラスの期待値を用いたベッティング戦略の導入が容易になるのは確かでしょう。こうした戦略は、たとえ勝ったり負けたりでも、長期的には利益を保証してくれます。

さあ、週末に向けてリサーチを始めましょう。そして割のいいベットを見つけたら、長い目で見れば確実に儲かることを踏まえつつ、試合を楽しみましょう。 

業界一低いマージンと高いベット上限金額を提供する究極のブックメーカーピナクルで、
最高のPremier Leagueオッズをゲットしましょう。