読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

人生を180度繰り返した”ブックメーカー”とは?

んにちは、

ブックメーカー投資家のユーイです。




このブログでは、


ブックメーカー”で月50万の利益を
”副業”で叩きだした世界唯一の
方法と真意をブログで書いております。




時間にして1日1時間もあれば、

月収50万は下らないです。



断言します。




24時間のうちたった1時間。


時間の使い方を変えるだけで

あなたの資産、人生は数カ月後、
1年後には何倍ものレベルアップを
遂げているのは間違いないです。




能力やスキル、才能ではありません。




僕だからできたことでもありません。




1日1時間の作業で月収50万。


f:id:bmakers:20160707224518j:plain



これはあなたも例外なく実現できます。







ただ、

そもそも論ですが、


ブックメーカーって何ぞ?」


という疑問をもしかしたらあなたも
持たれたかもしれません。




なので今回この記事では、

ブックメーカーの概要について軽く
ご紹介したいと思います!




僕自身今まで色んなビジネス教材に
手を出してきた過去がありますが、



正直、ブックメーカーは半端ないです。





最近になって知名度もそこそこ
上がってきております。


勝率が99.9%強という、


本質的に安定を求める日本人に
最も向いている投資法だと思います。





これから1年後、数年後、


ブックメーカーを知っているのと
知らないのとでは、文字通り
収入の差は雲泥の差になるでしょう。



そうならないためにも、


この記事でまずはブックメーカー
簡単な概念を抑えてしまいましょう。





では、

ブックメーカーとは何か?




巷では、

スポーツブックとも呼ばれています。

f:id:bmakers:20160707224626j:plain




例えば、

巨人と阪神が試合するとしますよね。





その時、

巨人:1.33倍

阪神:2.31倍



と、

勝負するチームに「オッズ」
かけられているわけですね。



ブックメーカーは基本ドルなので、

例えば巨人に100ドル(約1万円)かけた場合、


巨人が勝った時に、

13300円になって返ってくるわけです。



一言で言ってしまうと、

ギャンブルなのですが、



結構凄い可能性を秘めてます。



確かに一見ただのギャンブルだと
思われている方も多いのですが、



ブックメーカーは少し通常とは
異なる使い方をするだけで、


月利80%という異次元レベルの
投資が成立するわけです。





ちなみに、

どんな項目に賭けられるかというと、

本当に様々ございます。



サッカー、野球、テニス、卓球など、

世界で王道化している競技は勿論、


政治やカジノ、天気など。



極論言ってしまうと、


結果が分かれる事象には全てオッズがかかります。





ちなみにブックメーカー発祥の地はイギリスです。

 

f:id:bmakers:20160707224729j:plain

 


ポジション的には日本でいう証券会社のような
立ち位置にあたるような、就職率も高く、
就活生からも人気が非常に高い優良企業です。



ただ、ベット(賭ける)項目は

ブックメーカーの会社によって異なります、


ブックメーカーは世界で数千社存在します)



その中でも超優良ブックメーカー
これからこのブログでもリストアップ
していく予定なので是非ご覧ください。




ブックメーカーの具体的な使い方に
関しましては後ほどステップバイステップで
ブログ記事を通して共有致しますね。



結構ウィキペディアなどにも
ブックメーカーについてまとめサイト
書いているので、試しにWikipediaなどでも
一度検索してみてくださいね。


大まかな概要は書いてあるかと思います。




今後このブックメーカーを知ってると
知らないのとでは、あなたの生涯収入は
爆発的に変わるのは間違いありません。



是非、

僕のブログを通してあなたの人生が
少しでもいい方向へ転んでくれれば
幸いです。



そして当然そうなるためにも、

僕もこれから全力でブログを
更新していこうと思います!



楽しみにしていてください!

今回はこの辺で!



最後までお読みいただき
ありがとうございました。