読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

感情をコントロールしようとしてはいけない?あなたの基準値を上げる”魔法の言葉”

んにちは、


ブックメーカー投資家のユーイです。



「ネットビジネス興味あります、でも…」

「副業は興味あります、でも…」

「会社は辞めたいんです、でも…」



こんなことを想っていませんか?





副業・起業に興味があるサラリーマンは
全体の7~8割だというにも関わらず、


その中で実際に行動を起こすのは
本当に僅かな人間ですし、さらに
その行動を起こした人たちの中でも
結果が出るのはさらに一握り

というのが現状かと思います。


f:id:bmakers:20160719202958j:plain




実際に僕が以前在籍していた会社にも

「会社辞めたい!」

「いやいや、本気で辞めたいから!」


と、


まるでご挨拶かのように毎日
「辞めたい辞めたい」と連呼してる
同僚がいましたが、1年ほど経った
今でも全く同じことを口にしながら

状況は何も変わっていない…


正直、

「いつ辞めるんだよ」

って思っちゃいます。



1年って長いようであっという間と
よく言われてはいますが、


実際に1年の時間があったらその間には
”無限”に近いチャンスが転がってます。



僕はたまたま目の前に振ってきた
チャンスをたまたま掴んだ結果、


ブックメーカー投資によって
月50万の副収入を稼げるようになり、

念願の脱サラを果たすことができました。


もしかしたら”脱サラ”という言葉を聞くと

「羨ましい」と思われる方が中には
いらっしゃるかもしれません。



そこで今回は、

”脱サラ”を羨ましがるあなたが
この先必ず自分の目的を達成し、

あなた自身も脱サラできるようになる
魔法の言葉を授けようと思います!



f:id:bmakers:20160719203151j:plain




言葉の力は非常に強力です。



実際にスポーツの世界でもたった一言の
アドバイスによって完全にメンタルを立ち直らせ、

驚くほどパフォーマンスが向上
するのは結構良くある話ですよね。



ですので今回はそれの

”ビジネスバージョン”的なモノ

だと捉えて頂ければと思います。



僕自身も大尊敬する親友から
はじめてこの言葉を貰い、

実際に行動を起こし、人並み以上の
結果を出すことができました。



今考えると、

この言葉の力は強力だなーと感じています。




普段はあまり意識しませんが、
実際に他人に言われてみると、

「あー、なるほどな」

と、素直に納得できるような言葉です。



逆にこの話を聞いてもまだ何か
「でも…」と言い訳をしてダラダラ
現状維持を貫くつもりであれば、


あなたは上手くいかないどころか、

脱サラ・独立は諦めた方が良いかと思います。




もし仮にブックメーカーを使って毎月
数十万の利益を叩きだせることが
できるようになったとしても、



近い将来、

何かしらのタイミングで挫折して、
結局元の生活、もしくはそれ以下
生活を送ることになってしまうかもしれません。



しかし!


こうして僕のブログを読んでくださる
あなたにはそうなって欲しくはないです。




もしかしたら今のあなたからしたら
ブックメーカーで毎月50万の収入を得て
実際に脱サラした僕は凄い人に
見えるかもしれませんが、

僕はちっともすごくないです。

才能どころかコンプレックスの塊です。


あなたでも必ずできます。




ですので、

心からそう思ってもらうためにも
これからあなたに授ける”魔法の言葉”を
是非是非、持ち帰ってくださいね!




では、それは一体何かというと、


「人は、誰かに嫉妬を感じる場合は、
 少なくともその人と同じレベルには
 必ず到達できる」


ってことです。

f:id:bmakers:20160719203318j:plain




自分にとって本当に凄い人。

つまり、

「自分じゃ絶対なれないなー」

と思ってる人に対しては、

もはや"嫉妬”って感情すら起きませんよね。



でも、

例えば同じスポーツのチームメイトや、
恋愛関係でのライバルがいた時は、

嫉妬という感情は起こるはずです。



ちなみに僕は恋愛とかだとかなり嫉妬深いです。笑


でも、

"嫉妬”ってエネルギーは何かで
成果を上げるにおいてはかなり
重要になってくるかと思っています。




それでは、

その理由を僕自身の話も踏まえ
具体的にお話ししていきたいと思います!




そもそも"嫉妬"っていう感情は、
例えば恋愛とかだと、

「くっそー、何であいつが…」

「あんな奴より俺の方がいいのに!」


って感じですよね。



これ、おわかりかと思いますが、

「あいつにできて、俺にできないはずがない!」

ってことですよね。

f:id:bmakers:20160719203447j:plain



そう、


潜在的には同じレベルには行けると、
本当のところは思っているんです。



僕自身も会社員時代は、

会社に縛られず自由な生活を
送っている人たちに憧れると同時に、

正直、

「この野郎…」

という、妬みの感情も強かったです。



生きた屍のような生活を送ってたので、
学生時代よりもそういった憧れが余計に
強かったということもあります。



もしあなたが、

サラリーマン生活にウンザリしている中
今この瞬間この記事を読んでいる中で

"嫉妬”と呼べるような感情がほんの
僅かなものでも湧き上がっている場合、



その時点で僕と同じレベルに
達することは絶対にできます!




僕と同じようにブックメーカー
毎月50万の副収入を稼いで脱サラし、

自分の好きなときに好きなことをして
エキサイティングな日々を送るのは

夢でも妄想でもなく、

至って現実的な話なのです。




だからあなたは大丈夫です。


少しでも僕に対して"嫉妬”を抱くのであれば、

今すぐブックメーカー投資を始める準備を
整えて、行動を起こしてみて欲しいと思います!



毎日の5分の使い方を変えるだけで、
後々になって大きな違いを生み出します。



あなたの許す限りで構いません。
24時間のいくらかをブックメーカーに、
"時間”を投資して欲しいと思います!



"嫉妬”という言葉を聞くと、
少しマイナスなイメージに捉えがちですが、


このエネルギーをどれだけ利用できるかが
あなたがブックメーカーでも何でも
成果を上げるためのキーになります!

f:id:bmakers:20160719203759p:plain



それでは今回はこの辺で!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。