読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

ブックメーカーすらできないなら【諦めた方がいい】かもしれません。

んにちは。

ブックメーカー投資家のユーイです!



「起業したいんです。でも…」

「会社辞めたいんです。でも…」

「副業興味あります。でも…」




この中でも特に

会社辞めたい

この言葉を今まで何度も耳にしました。

f:id:bmakers:20160730202344j:plain



新卒で某金融機関に就職したばかりの
当時の僕も、入社して僅か2ヶ月ほどで

「会社辞めたい…」

と、ぼやき始めるようになったわけですが。



とにかく1秒でも長くこの会社にいたくない。

そんな思いからビジネスに興味を持ち、


ご縁によってブックメーカーの存在を知り、


実際にブックメーカーを使った、

前代未聞の投資法をしりました。

前代未聞の投資法を知りたい方はコチラ



一度きりの人生であれば

自分の好きなように生きるのが
正直自分にとって一番だと思いません?



僕は活きた屍のような生活の中でも、

この脱サラ・自由への想いは抱き続けてました。



そんな中、

たまたまブックメーカーで脱サラして
自由な生活を手に入れていた親友に
たまたま再会し、


親友から今のブックメーカー投資を学び、


僕自身も脱サラできたわけです。



正直、
いくら親友と言えども

ブックメーカー」と聞いたときは、
正直全然わかりませんでしたし、

自分でちょっと調べてみても

「これ、違法なんじゃないの?」

「本当にこれで稼げるのかな?」

「ただのギャンブルじゃないの?」



と、親友と言えども食ってかかりました。



でも、

実際に詳しい話を聞いてみると、

方法論だけ話すと、

1日〇時間で月収○○万

という表現にはなりますが、


彼自身話していることは

非常にまっとうなことを言っているわけです。



ブックメーカーを通して得た気づきや学びは

他のビジネスにも共通していますし、


「こいつになら騙されてもいいや」

と、思うようになったわけです。



で、

半信半疑ながらもちょっと勇気を出して
ブックメーカーにチャレンジした結果、



正直、

当時の会社員時代を思い返すと

今は天国のような日々です。

f:id:bmakers:20160730202647j:plain



たまたま出会ったブックメーカー

たまたま出会った奇跡の投資法。



本当にそのおかげです。



なので

こうして僕のブログを読んでいる
あなたには上手くいってほしいと
思っています。


「興味あります。でも…」

と、その他大勢の人と
同じようにはならないでください。


彼らは既に致命的な失敗をしています。




致命的な失敗とは

【一番やってはいけない失敗】です。




口だけで何も行動せずに、

結局毎日同じような無機質な日々を
送っている人は全員例外なくこの
失敗を毎日繰り返しています。



逆に、

上手くいっている、何かしらの形で
大きな成果を上げている人たちは

この手の失敗は基本的にしません。


なのであなたも僕がいう

【一番やってはいけない失敗】は

必ず繰り返さないように意識しましょう!



では

それは一体どんな失敗かというと、

やらない失敗

です。


「ネットビジネス?胡散臭い!」

ブックメーカー?胡散臭い!」

「どうせ稼げないよ!」



そう思ってるあなた。


一生そうしていてください。


「ネットビジネス=胡散臭い」



そんな時代はとうに終わっています。



普段何気なく入ったカフェなどで、

平日にも関わらず、

高そうなスーツを着てPCを広げたり
している人たちが日に日に増えている
ことに気付いてはおりませんか?


もちろん彼らの中には

僕のようにブックメーカーで生計を
立てている人もいれば、

アフィリエイターもいるかもしれません。



正直まだまだネットで飯を食う人は
変な人達みたいなイメージはありますが、


そのようなライフスタイルの人間は
今かなりのスピードで増えています。





少しでも上手くいく可能性があるなら、

挑戦した方がイイに決まってるとは思いません?



ただもちろん、

自分の許容の範囲を超えた
リスクを冒すのは危険ですが。


基本的に即死するような失敗は
ほとんど存在しないかと思います。




ブックメーカーに挑戦して、

僕も脱サラすることができたわけです。



自分自身の許容の範囲をしっかり
認識できるようになったうえで、


一歩踏み出してみましょう!


bmakers.hatenablog.com





それでは今回はこの辺で!


最後までお読みいただき
ありがとうございました。