読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

お金の管理の重要性

えばブックメーカーだったら
 
主に資金管理に関してはかなり慎重に計算しています
 
 
 
現在の資金に対してどのくらいの
比率でBETをするのか、
 
負けたときの次のBETの資金管理を
どのくらいの数字にするのか、
 
勝った時の複利運用はどのくらいの比率が
最もリスクと利益のバランスがいいのか、
 
 
 
などかなり気を使って行っています。
 
 
仮に負けが続くと、
 
熱くなってしまってめちゃくちゃな数字で
 
 
「頼むから勝ってくれ!!」
 
 
といった「願い」でBETして
 
痛い目にあってしまうこともあると思います。
 
 
 
そして負けてしまってから気付くのですが、
 
その場合というのは普通の
賭け事になってしまっています。
 
 
 
仮に今日や明日、
 
運よくそのやり方で勝ったとしても
 
願望で行って年のレベル勝ち続けるということは
 
まず有り得ないと思います。
 
 
 
金管理というのは=マインド
 
と言ってもいいくらいで、
 
 
 
手法と同じくらい重要だと思います。
 
 
具体的に表現すると
 
 
2倍のオッズにBETして
 
1回目負ける
 
2回目勝つ
 
未来だとしましょう。
 
 
 
つまり勝率50%ですが、
 
 
 
仮に1回目1000円BETしたなら
 
1回目 -1000円
 
2回目に1000円BETしたなら
 
 
結果は差し引き0円になりますよね?
 
 
 
では仮に1回目1000円BETし、
 
1回目 -1000円
 
2回目に500円BETしたなら
 
 
差し引き-500円ですよね?
 
 
 
かなり極端ですが仮に
 
仮に1回目1000円BETしたなら
 
1回目 -1000円
 
そして2回目に5000円BETしたなら
 
 
+9000円ですよね?
 
 
 
勝率は50%なのにプラス・マイナスにけっこうな差が出ます。
 
 
この場合、
 
どれにBETするのかというのは「手法」であり、
 
どのくらいBETするのかというのは「資金管理」ですが、
 
 
こういう計算で考えると勝率30%なのに大きくプラスの人、
 
勝率80%でも負けてる人
 
 
という差も生まれてくると思います。

目先の利益に惑わされずに、
冷静にBetしましょう。

今回はこの辺で!