読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

潜在能力を秘めた人の共通点

在能力を引き出すには、
ある「3つの姿勢」が不可欠だと言われています。

夢や目標の実現にはあらゆる
不安や困難、葛藤がつきまといます。

そうした行き詰まりを自ら突破し、
解消できる人こそが潜在能力を
引き出しやすいものです。

そんな人の共通点を学び、
取り入れてしまいましょう。
 
1:マインドがオープンな人
 
行き詰まっている時ほど、
一つの考えや過去の体験に固執しているもの。

それが苦悩と混乱を生み出す
悪循環に陥りがちです。

そうしたストレスを解き放ち、
冷静になることで知覚力と感受性が
飛躍的に向上すると言われています。
 
では、
どうすればオープンな自分に
出会うことができるのでしょうか?
 
一つに「柔軟に考える」クセを持つこと。

1つの問題に対し、
あらゆる方面から解決策を
見出そうとする習慣を持ちましょう。
 
最後に「無意識」を信頼すること。

人は物事に行き詰まった時、
常に「意識の上」で何とかしようとあがきます。

ですが新たな突破口は、
意識上ではなく意識の下、

つまり無意識のゾーンにあるもの。

クリエイティブな作業をしている時、
ふと素晴らしいアイデアがひらめくことを
「降臨した」と表現する人がいますが、

そういったインスピレーションは、
こんがらがった思考の中ではなく、
リラックスしたアルファ状態の
脳にこそ宿ると着目するべきです。
 
2:「生み出す」発想ができる人
 
あなたも経験があるのではないでしょうか。
人は行き詰まった時、その辛い状態から
逃れることをゴールにしがちです。

たとえば、
苦手な上司と一緒のプロジェクトになった時。

上司の参加する会議に遅れて出席したり、
話せばすぐに済む議題も、
わざわざメールなどを使ったり。

相手との接触をできるだけ避けることに囚われて、
本来の目的であるプロジェクト完遂が
つい疎かになってしまったことはないでしょうか。
 
「生み出す」発想ができる人はこんな時、
新人をプロジェクトに招き入れ、
上司との潤滑油として活躍してもらうことを企てます。

新人にとっては経験値となり、
プロジェクト自体も進捗する…

といった「新しいオプション」の発明です。
 
そういった発想ができる人の共通姿勢の
一つに「チャレンジする」という行動指針が
見受けられます。

先ほどの例で言えば、
上司との人間関係という単純なようで
複雑化した問題の中にも

「2人の問題でなく組織の成長の糧としよう」

という側面を見出した点。

その結果、新人投入という思い切った
手段を講じることを決めた訳ですから、
やっかいな状況下でもネガティブにならず、
挑戦を楽しむ前向きさがある人は強いでしょう。
 
3:粘り強い人
 
「夢を諦めなかった人だけが、
夢を叶えることができる」というのは、

多くの先人たちが残してきた言葉です。
ブックメーカーなどの投資で成功した人も
決して例外ではないと思います。

ですがこれを胸に刻んで行動できている人は、
果たしてどれだけいるでしょうか。
 

「根気がないから無理」

「やり続けられること自体が才能なのでは」


といって諦めないでください。

粘り強さは性格ではなく、
身に付けることができるテクニックです。

次の条件を心に留めて行動することで、
粘り強さを手に入れてください。
 
「勇気」を持つことです。
 
何らかの行動に移る時、
失敗や批判を不安に感じない人はいません。

ですがそれらのリスクを負い、
果敢に挑む人だけが成功への
切符を手にすることができます。


恐怖心に負けない勇気を大切にしてください。

小さな勇気でも、それがブックメーカー
成果を上げるカギになります。

今回はこの辺で!