読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

ブックメーカーの仕組みを知ろう


 
れからブックメーカー
始めてみようという方のために、

今更ながらブックメーカーの仕組みを
分かりやすく解説しようと思います。
 
始める前はどんな形でお金が
動くのか分らないと思います。

しっかりお金の動きをイメージしてから
ブックメーカーを始めましょう。
 
 
 
〇お金の流れ
 
パソコンやスマートフォン
タブレットなどをあなたも
使っているかと思います。

インターネットを通じて全てやりとりを完結します。
 
手元のお金を直接ブックメーカー
送るわけではありません。

あなたとブックメーカーのあいだに、
いったん資金を預けておく

e-wallet(イーウォレット)
と呼ばれるオンラインバンクを挟みます。
 
なぜ?
そのようなことをするのかというと、

ブックメーカー会社では個々の
ユーザーへの入出金業務をしていません。

個々のユーザーとやり取りを
するほど経費が発生するためです。

そのため、
ブックメーカー側はいくつかの
オンラインバンクと業務提携しています。
 
私達ユーザーは提携されている
オンラインバンクを使って、
ブックメーカーへ資金を移動
させる必要があります。


これは、

仲介業者(オンラインバンク)を
置く形にはなりますが、
デメリットはありません。

メリットのみです。
 
なぜなら、
資金を移動させるための
手数料が少なくて済むからです。

ブックメーカー側と、
もし直接取引するような形があったとしたら、
オンラインバンクを介するよりも余分に
手数料が掛かることになるでしょう。
 
海外FXをする時や、オンラインカジノなども
この方法で資金を移動させます。
 

さて、

このオンラインバンクのサービス
”e-wallet”(電子決済資金移動サービス)は、
業界スタンダードとなる「Neteller(ネッテラー)」や
「Skrill(スクリル)」などが存在します。

一旦ここへお金を預けておいて、
必要な分だけ各ブックメーカーサイトへ
お金を移動させます。
 

逆にお金を戻す際には、
一旦ブックメーカーサイトから
e-walletへお金を移動し、
e-walletからお金を手元に引き出します。
 
引き出すと言ってもe-wallet自体は
ネット上のものなので、実際には
ゆうちょ銀行のATMを使って引き落としたり、

自分の銀行口座へ送金する形で戻します。