読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

ブックメーカーの基本用語を知ろう


 

 

ックメーカーを始めた当初の
僕もそうでしたが、最初は英語ですし、
聞いたことのない専門用語のような
言葉も多くて混乱してしまうことがあります。
 
ブックメーカーをやったことのない方は、
難しそうな用語があるかもしれませんね。
 
最初は英語なので億劫に
感じることもあるかもしれませんが、
慣れてしまえば思っている以上に楽です。
 
ここでは、
まず基本となる「よく聞く」用語を中心にご紹介します。
 
〇ベット・ベッティングとは
 
「ベット」(bet)は「賭ける」という意味。

「○○にベットする」とか、
「100円ベットした」という使い方をします。
 
「ベッティング」(betting)は
大きなくくりで言う時に使われます。

「スポーツ・ベッティング」や
「ベッティングセオリー」などですね。
 
「Liveベット」(ライヴベット)というのは、

実際に試合をしている最中に
状況を把握しながらベットすることです。

「in-play」(インプレイ)と表示
されている場合もあります。
 
〇ベットメニューとは
 
ブックメーカーでは、
ひとつの試合でいくつもの
項目にベットできる場合があります。

基本となるのは「勝ち負け」ですが、
その他にも「引き分け」や「ハンディキャップ」
「点差」などなど、様々な項目が存在します。

これをメニューに例えて「ベットメニュー」と言います。
 
〇オッズとは
 
「オッズ」(odds)とは「確率」「見込み」
「賭け率」または「優劣の差」という意味で、
数字で表されます。

ブックメーカーではその試合の優劣を見たり、
ベット額に直接跳ね返ってくる数字でもあります。

ブックメーカーは「オッズ」とのやりとりが全てです。


英語を覚えるというよりも、
基本用語を覚えるようには
しておく必要があります。

今回はこの辺で!