読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日の会社が憂鬱過ぎたが他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ仕事を辞めたブックメーカー投資

時間もスキルもお金も何もなかった私があることに気付き、ブックメーカーで毎月桁違いの利益を出せるようになった情報をまとめたブログです。投資の世界の厳しさを知らない人はまだ読まないでください。

BOOK MAKER

毎日の会社が憂鬱過ぎたが、
他に手段のなかった社畜が1日1時間の副業で月50万稼ぎ
仕事を辞めたブックメーカー投資

ブックメーカー用語集(A)


Aから始まるブックメーカー用語です。

〇Accountant(アカウンタント):

ブックメーカー」を表すニックネーム。
 
〇Accumulator(アキュムレーター):
最初のベットに勝利して、
それらをすべて次のベットに使うこと。

少なくとも2つ以上のベッティングで
勝たないと、アキュムレーターでの
ベッターの勝ちとはなりません。

例:
ある試合のベットで自分が
ベッティングしたいチームの
オッズが1.20倍だったとすると、

自分が望むほど大きな
勝ちは得られません。

しかし、
そのチームの3試合に渡るベットを
「アキュムレーター」することで、
ベッターはオッズを大きく上げることが出来ます。


例えば、
1.20倍のオッズに10ドルベットしたとしても、
12ドルにしかならないが、「アキュムレーター」
ベットならば勝ちが200ドル以上になることもあります。
 
〇Action(アクション):
1)様々な種類のベッティングが“有効”であること。
ベッティングが「アクション」か
「ノーアクション」かはスポーツ
ごとに異なるルールが適用される

(野球の場合は4回と1/2を超えたら「アクション」となる)。

2)野球のベッティングにおいて、
投手が特定されていない場合のこと。
 
〇All-In Betting(オールイン・ベッティング):

ベットが行われているのに、
選手やチームが退場したりしても
返金が行われないベットのこと。

スポーツイベント自体が
キャンセルされた場合は返金される。
 
〇Arbitrage(アービトラージ):

2つ以上のブックメーカーで両賭けする
(AとBどっちにもベットする)ことで
必ず勝てるベッティング方法のこと。

ブックメーカーが異なる
オッズを発表していることで、

あるブックメーカーではAが勝つ方に
ベットし、異なるブックメーカーでは
Bが勝つ方にベットすることで、

オッズ差を利用した利ザヤを得ることが出来る。

例:
ブックメーカーSはチームAに2.05倍、
チームBに1.90倍のオッズを付けているとする。

ブックメーカーTはチームAに1.90倍、
チームBに2.05倍のオッズを付けていたとする。

ブックメーカーSでは、チームAに100ドル、
ブックメーカーTではチームBに100ドルを
ベットすると、どちらが勝っても必ず
5ドルの儲けが出ることになる。
 
〇Asian Handicap(アジアンハンディキャップ):

サッカーにおけるスプレッド
(ハンディキャップ)ベッティングのこと。

アジアンハンディキャップは、
ドロー(引き分け)の可能性をなくして
ベッターが勝つ確率を高めたものなので、

ホームチームが勝つか、アウェイチームが
勝つかの2つの結果しかない。
(ハンディキャップによってドローになる
場合があるが、その場合は返金される)

ハンディキャップの数値は、
0.25刻みで増減する(0.25, 0.5, 0.75, 1, 1.25・・・)。

例:

勝ち目の薄いチーム(underdog)に
0.5のハンディキャップが付いているとき、

それは0.5点勝っている状態から
スタートすることを意味します。

例えば、

マンUアーセナルが試合をする時、
アーセナルに0.5点のハンディキャプが
付いていたとします。

この時、
あなたがマンUにベッティングしているとすると、
試合結果とベッティングの勝敗は以下のようになります。

0-0 = 負け
1-0 = 勝ち
0-1 = 負け
2-1= 勝ち
3-2 = 勝ち

このような具合ですね。

 

 

 

これからも更新していくのでよろしく御願いします!